国際学科3年 向後 都
2021.10.05

英語教員を目指して仲間と切磋琢磨し、TOEICスコア800点台を達成

国際学科3年 向後 都さん

クラーク記念国際高等学校 出身

Q1.高校生活と大学生活で、一番変わったところはどんなところですか?

勉強に対する自分の気持ちです。高校までは勉強というと受験のためにするものといったイメージを持っていました。しかし大学に入ってからは自分の興味がある科目を選択して学ぶことができます。今まで知らなかったことを知ることができるなど、学ぶことの楽しさに気づくことができました。私は自分の英語力がどの程度なのか、どれくらい伸びているのかを知るための1つの方法として、TOEICを受験しています。TOEIC対策用の問題をできるだけ多く解くようにした結果、800点台を達成することができました。授業や自習などを通して日頃から英語に触れることが大切だと思います。

Q2.敬愛大学に入学して良かった!と思ったことは?

この大学には多くの魅力があります。その一つとして学生と先生の距離がとても近いことがあげられます。先生には学習面での相談だけでなく、将来のことについても相談に乗っていただけます。また、学内の施設はとても清潔で、教室内には光が差し込み、明るい雰囲気の中で学習することができます。

Q3. 国際学科やゼミではどのようなことを学んでいますか?

IMG_3902

在籍する留学生と大学生活を通して関わっていくうちに、自国と他国の文化についての違いや共通点を理解することの大切さを学びました。異なる背景や考え方を持つ人たちを理解し互いに協力していこうとする姿勢は、これから社会に出ても、様々な場面で役に立つと思います。所属している向後先生のゼミでは、中学校・高等学校の英語教員になるために、実践的な指導法を学んでいます。同じように教員を目指す仲間達と切磋琢磨できるので、とてもよい環境で勉強できています。中学校・高等学校の学習指導要領を学び、英語で模擬授業も行います。先生やゼミの仲間からアドバイスをもらえるので、教員採用試験に向けて自分のどこをどのように改善すべきか、知ることができます。ゼミでは授業はすべて英語で行われるので、ゼミを受けることが英語4技能の向上につながっています。

Q4. 今、一番興味を持っている授業は何ですか?

井上先生の「英語科指導法」です。この授業では中学校・高等学校英語の教員を目指す学生たちが模擬授業を行いながら、英語の指導法について専門的な知識を学びます。学生たちが行った模擬授業に対して先生から細かくアドバイスをいただくことができるので、次回は改善してより良い授業ができるようになりたい、という気持ちにさせてくれます。

Q5. 将来の目標や夢を教えてください

IMG_3899

中学校・高等学校の英語教員になることを目指しているので、教職課程を履修しています。英語に対して苦手意識を持っている生徒でも、「英語を学んでみたい、話せるようになりたい」と思ってもらえるような指導のできる教員を目指しています。これまで自分が感じてきた英語学習の楽しさを、できるだけ多くの生徒に伝えられるようになりたいです。