国際学部 こども学科 4年 齊藤 佳子
2016.06.14

元気のある小学校教員になりたい

国際学部 こども学科 4年 齊藤 佳子さん

千葉県立東金高等学校 出身

※2014年度にインタビューを行っています。

高校生活と大学生活で、どんな所が一番変わりましたか?

高校の時は黒板に書く授業が多かったのですが、大学の授業はプリントを見ながらが多く、そこが一番変わったと思います。
また、たくさんの先輩と交流があるので、人間関係が広がりました。

現在学んでいること、関心を持っていることについて教えてください。

小学校の基礎科目について学んでいます。
また、英語力を上げたいと思っており、海外スクーリングにも行ってみたいと思っています。

休みの日やプライベートでは、どんなことをしていますか?

私はバレーボールサークルと、ふれあいスポーツサークルに入っています。
サークルが無い時はアルバイトをして過ごしています。

こども 齋藤さん13

後輩にアピールしたい敬愛大学の魅力は?

少人数制の授業なので先生と関わる機会が多く、授業に集中して取り組むことができます。
先生方とは気軽に話をすることができますし、ランチで利用する学食も何種類かあり美味しいです。

大学で学んだことで、一番役に立っている(これから役に立つ)と思うのは何ですか?

文章表現や口頭表現の授業で文章の組み立て方や、まとめ方など、基礎を学びました。これから社会に出た時にとても役に立つと思いました。

一番興味をもっている、高校生にお勧めしたい授業や先生を教えてください。

興味のある授業は心理学です。心理学は私たちにも関係がありますので、心理の勉強をすることで、相手の気持ちを理解するスキルが向上するのではないかと考えています。

就職についてや将来の夢など、どんな未来の自分になりたいですか?

私は小学校の教員になりたいです。
子供達の前で自信を持って教壇に立ち、元気のある教員になりたいです。