韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.6
2016.08.26

韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.6

国際学部 国際学科3年 G.Sさん

韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.6~2016年5月~

-체(チェ)육(ユク) 대(テ)회(フェ)- 体育大会

4月末に学科ごとの体育大会の予選があり、5月中旬には1日使い、決勝戦などを行いました。日語日文科は女子の足野球(キックベースのようなもの)だけ決勝に残っていて、結果は負けてしまいましたが、久しぶりに体を動かしみんなで楽しくできたので良かったです。さらに、学科の体育大会とは別で留学生だけの体育大会にも参加しました。ドッヂボールに参加をしたのですが、韓国語を勉強中の学生も参加していたので、説明をしてから始めるまでに時間がかかり、審判をしている先生方は大変そうでしたが留学生も一生懸命理解しようとしたので、なんとか競技を終えることができました。

-휴(ヒュ)일(イル)- 休日

映画広告

韓国は5月5日のこどもの日だけ祝日だったのですが突然政府が6日の金曜日も臨時祝日にして、5日~8日で4連休になりました。寮に住んでいる学生は故郷に帰るのですが帰らない学生もおり、一緒に映画を見に行きました。洋画を韓国語字幕で見たのですが、細かい会話は字幕の流れが速く詳しく理解できませんでした。しかし、留学前の自分だったら全く理解していなかったと思うので、韓国語の実力が上がったと嬉しく思いました。これだけで終わらせず、引き続き勉強を重ね、理解できる量を増やしていきたいと思いました。

-과(クァ)제(ジェ) 발(バル)표(ピョ)- 課題発表

学科の授業では徐々に期末試験に向けての準備がこの時期に始まり、新しくレポートや課題が出されるなど、忙しい毎日でした。ある課題では自分のしてみたい職業についてまとめて発表をするのですが、毎回の授業で1人ずつ発表をしています。授業を受けているのは4年生以上なので、先輩方の発表を聞くと、日本語を活かした職業や、日本の技術が目立つアニメーション関連など、興味が湧く職業ばかりでした。私も先輩方に劣らぬよう準備をし、無事に発表を終えることができました。