経営学科 3年 行木 茂則
2018.09.27

ジェフユナイテッド市原・千葉インターンシップ ~スポーツ関連の仕事に就くために~

経営学科 3年 行木 茂則さん

東海大学付属望洋高等学校 出身

インターンシップでジェフを希望したきっかけ

私は小学生の頃から現在も野球をしています。とてもスポーツが好きで、最近行われていたロシアワールドカップもテレビでよく見ていました。将来はスポーツ関連の仕事に就くためにも、ジェフの仕事内容や運営の部分を肌で感じたいと思い、インターンシップを希望しました。インターンシップでは、試合を観戦するお客様に対し「観戦者調査」というアンケート調査に取り組みました。

苦労した点や工夫したこと

IMGL7186

最初はどのようにお客様と接すれば良いか、そしてお客様が時間に余裕があるのかなどを見極めていき、もし、お客様があまり時間がない中でアンケート調査をさせてしまうと、お互い良い気持ちで出来なくてなってしまうので、そこがとても苦労するところでした。

スタジアムにお客様が入る時に、早足だったら席取りなどがあるので大体断られてしまいます。お客様の歩くスピードで、アンケート依頼の可否を判断しました。そして、試合開始まで時間がある時に、お客様が飲食されている場合は、手が空いていないのでお客様に失礼になってしまうため、お食事が済んでからアンケートを依頼するなど、工夫しながら取り組みました。

当日のインターンシップで得られたもの

ジェフのサポーターの皆さんは、この猛暑の中でもスタジアムに足を運んで見に来てくださっています。ジェフへの愛がとてもあるのだと、改めて感じました。そうした中で、アンケート調査で皆様とお話しさせていただき、貴重な体験ができました。

普段は部活ばかりしていて、社会の事など全く関わった事が無かったので、とても貴重な経験を積むことができたと感じています。このような機会を与えてくださった学校にはとても感謝しています。来年には就職活動が始まります。いざ就職することになったらスタートダッシュが肝心なので、このインターンシップの経験を活かしていきたいと思います。

IMGL7116
IMGL7203