国際学部 こども学科 3年 菅原真琳
2016.06.29

学校全体がアットホームな雰囲気にあふれています。

国際学部 こども学科 3年 菅原真琳さん

船橋市立船橋高等学校 出身

※2016年度にインタビューを行っています。

高校生活と大学生活で、どんな所が一番変わりましたか?

IMG_1433a

高校のときは毎日遅くまで部活をしていたので、自由な時間がほとんどありませんでした。大学に入って自分の時間ができて、どうしたら時間を有意義に使えるかを考えるようになりました。また、高校のようなクラスがないので幅広くたくさんの人と関わるようになりました。

現在学んでいること、関心を持っていることについて教えてください。

小学校教員免許取得のため、こどもの心理や発達、成長の仕方を学んだり、教員としての基礎を学んでいます。

休みの日やプライベートでは、どんなことをしていますか?

アルバイトをしたり、趣味であるピアノを弾いたりしています。高校の友達と会って近況報告をしたり、自分が卒業した小学校の部活の手伝いに行くこともあります。

後輩にアピールしたい敬愛大学の魅力は?

IMG_1446a

大学自体が大きな学校ではないので、友達や先生方との距離がとても近いです。学校全体がアットホームな雰囲気にあふれています。

就職についてや将来の夢など、どんな未来の自分になりたいですか?

小学校の教員免許を取得して、子供たちが距離を感じないような、親しみやすい小学校教員になりたいです。ずっと続けてきた音楽の部活の経験を生かして、いつかは自分で部活動を持ちたいと思っています。

大学で学んだことで、一番役に立っている(これから役に立つ)と思うのは何ですか?

私は今まで人前で話をすることを苦手に感じていましたが、山口政之先生の口頭表現という授業でスピーチや発表の経験を重ね、人前で話すことに対する苦手意識が少なくなりました。これから先、そのような機会が増えると思うので、大学4年間で克服したいです。

IMG_1440a

一番興味をもっている、高校生にお勧めしたい授業や先生を教えてください。

田中未央先生の教育心理学の授業です。こどもの心理だけでなく、普段の自分の何気ない行動にも複雑な心理が関わっていることが学べて、とても内容の濃い授業です。

オープンキャンパスに参加してみてどうでしたか?

高校3年生の秋にオープンキャンパスに参加しました。先輩方や先生方がとても明るく受け入れてくれて、質問などもしやすい雰囲気でした。