英語科指導法Ⅱ
2019.01.07

英語科指導法Ⅱ

こども教育学科2年 C.Bさんからの報告

b

12月7日(金)5時限目の時間に学生が模擬授業を行いました。英語科指導法Ⅱでは中学校英語の授業をどのように行っていけばよいかを考えていくことを主な授業内容としています。こども教育学科2年生の18名が受講しており、多くの学生は小学校教員免許の副免許として中学校英語の免許取得を目指しています。
今回の模擬授業では、be going to~.の内容を使って授業を行いました。写真は模擬授業中の活動の様子です。be going to~.を使って、I am going to go to shopping next weekend.のように自分の決まっている予定をお互いに言い合っています。

c

模擬授業後は、みんなで机を円の形に並べて授業を振り返りました。
授業者側や生徒側など、様々な立場から感じたことや考えたことを話し合いました。「多くの人が知っている東京ディズニーランドや鴨川シーワールドなど身近なところからの導入は生徒の興味や関心にもつながっていてよかった」「教師が質問をして生徒が考えて答える教師と生徒とのやり取りが少なかった」など、様々な意見が出てきました。
学生同士でお互いに意見を言い合うことで、自分では気づけなかったことが多く出てきます。私は今回の模擬授業をやってみて、英語で伝える難しさに気付づきました。中学校英語の授業は全て英語で行わなくてはいけないため、発問や指示をわかりやすく英語で伝えるのが難しかったです。わかりやすく伝えられる英語力の大切さを実感しました。英語科指導法Ⅱの授業は新しいことに気づき、考えていくことができるので、毎回とても新鮮に感じられます。