韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.1
2016.06.21

韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.1

国際学部 国際学科3年 G.Sさん

韓国木浦大学校へ1年間の留学体験vol.1~2015年9月、10月~

IMG_7636

私は今、韓国木浦大学校へ1年間の留学をしています。日程が決まってから出国までの日付があまりなく、航空券の手配やビザ取得などで忙しかったですがなんとか到着することができ、過ごしています。今回は木浦大学校の寮について皆さんにお伝えします。こちらの寮はいくつかの棟に分かれていて、私のような外国人留学生はもちろん、韓国国内の遠方から来ている学生も利用しています。部屋は2人部屋と6人部屋があり、6人部屋は更に2人ずつ分かれており私は6人部屋を利用しています。部屋はベッドと机、棚やクローゼットなどがついており、共同でトイレが2つとシャワールームが1つ付いています。写真は私が使っているスペースです。敬愛大学と木浦大学校は提携を結んだばかりで知らない人がほとんどだと思うので少しでも興味をもっていただけるよう、皆さんにお伝えできればと思っています。

-식(シク)당(タン)- 食堂

食事①

留学をはじめて約1ヵ月が経ったのですがこちらの生活にも慣れてきて、勉強に励みながら毎日楽しく過ごしています。今回は食堂と授業についてです。食堂は朝食、昼食、夕食と時間は決められていますが開いています。メニューは基本、ご飯・スープ・おかずですが火・木・土の朝食は必ずパンやコーンフレークなどの洋食のメニューやおかゆが出てきます。また、三食かならずキムチが出てきますが料理はすべてセルフで取っていくので自分の好きなものを好きな分だけ取ることができます。辛く味付けされたものがほとんどなので辛いものが苦手な人には苦痛に感じるかもしれませんが、韓国の食べ物を知ることができるのでいいと思います。

-수(ス)업(オプ)- 授業

授業は語学堂の授業と日本語日文学科(以下日文科)の授業を受けていて、語学堂の授業は週5日あり曜日ごとに文法は2日、他に聞き取り、読み取り、書き方の授業があります。日文科では3つの講義を履修しています。どの講義も日本語を勉強している韓国人学生向けの講義なのですが先生方は優しく、日本人学生になるべくわかりやすいように説明しています。
“高級日本語会話”という講義の先生は日本人の先生の方で講義名の通りすべて日本語で会話をしています。先生の質問に答えたりテーマにそってお互いの国のことを説明したりします。難しい言葉を使うと韓国人学生が理解できないのでわかりやすいように頭の中で変換しながら説明するのは少し難しいですが、日本と韓国の同じところや違うところがわかっていくので受けていてとても勉強になっています。

教科書
朝食