国際学部 国際学科 3年 渡邊賢太郎
2016.06.30

TOIECのスコアアップを目標にしながら、Skype英会話もずっと継続しています。

国際学部 国際学科 3年 渡邊賢太郎さん

静岡県 私立常葉学園橘高等学校 出身

※2016年度にインタビューを行っています。

高校生活と大学生活で、どんな所が一番変わりましたか?

watanabe

交友関係が広がりました。
良くも悪しくも、中高一貫の6年間は全国大会目指してサッカー漬けの日々でした。大学ではフットサル部に所属していますが、敬愛大学の仲間だけでなく留学を通して知り合った他大学の学生とも交流が続いています。静岡を離れて一人暮らしを始めてからは、改めて両親への感謝の気持ちが大きくなりました。

現在学んでいること、関心を持っていることについて教えてください。

英語の学習に力を入れています。TOIECのスコアアップを目標にしながら、Skype英会話もずっと継続しています。
一年生の夏休みに4週間の短期留学を経験し、多くの国々の方々と交流したことでもっと実践的な英語の運用能力を磨きたいと思いました。
語学については、個人的に週一回フランス語も習っています。
将来はまだ漠然としたものですが、国際関係の仕事に就ければと思っています。

休みの日やプライベートでは、どんなことをしていますか?

休日はアルバイトや英語の勉強、トレーニング、自分が所属しているフットサル部の試合などでしょうか。

後輩にアピールしたい敬愛大学の魅力は?

_15A1393a

敬愛大学の魅力は、総合大学のような規模ではないところだと思います。ある意味、小規模だからこそ自分を表現しやすい環境にあります。先生方との距離も近く、大学生活を通じて自分のことを”one of them”ではないのだと実感できるんじゃないかと思います。

就職についてや将来の夢など、どんな未来の自分になりたいですか?

英語の運用能力を高めたいです。TOIECでは、まずは700点を目標にしています。
卒業後にどんな仕事に就きたいかはまだ定まっていませんが、世界を意識しながら仕事ができる環境で頑張ってみたいです。

大学で学んだことで、一番役に立っている(これから役に立つ)と思うのは何ですか?

Skypeを使ったネイティブの先生との英会話はとても役に立っています。
継続することでリスニング力も上がりましたし、コミュニケーションスキルも向上したように思います。短期留学の際、先生のご自宅に招いていただき、ご家族と交流できたことも良かったです。

ワタナベ3

一番興味をもっている、高校生にお勧めしたい授業や先生を教えてください。

僕は高田洋子先生の授業をお勧めします。
高田先生の授業は、他国の人々の生活や社会に興味を持たせてくれます。興味を持って質問すれば、さらに丁寧に詳しく教えてくれます。
短期留学のときにも、先生にはお世話になりました。将来留学してみたいと考えている人や、世界の国々に興味のある方にはお勧めします。

実家暮らしと比べて、よかったこと、大変なことは何ですか?

よかったこと
自分一人の空間なので、時間を気にせずに趣味ややりたいことに没頭して取り組めることです。
大変なこと
洗濯や掃除などの家事や自炊など、すべて自分でしないといけないことですね。