経済学部 経済学科 3年 桑原隆司
2016.07.19

公務員試験の勉強に集中して取り組んでいます。

経済学部 経済学科 3年 桑原隆司さん

千葉県立土気高等学校 出身

※2016年度にインタビューを行っています。

高校生活と大学生活で、どんな所が一番変わりましたか?

_15A00461

授業(講義)の内容や授業時間の長さ、そして自分で時間割を立てることが、高校生までの学校生活と大きく異なることに驚きました。
最初は授業が大変だと感じていましたが、空き時間を設けることができますので、その時間は自由に行動できることが高校までと違うと思いました。

現在学んでいること、関心を持っていることについて教えてください。

公務員試験の勉強に集中して取り組んでいます。基礎的な問題だけでなく、新聞を読み、最近のニュースや社会制度の変化も知っておき、時事問題の対策もしています。
その他、学校の講座とも併せて学ぶことができています。

休みの日やプライベートでは、どんなことをしていますか?

外出をしていることが多いです。運動のために走ったり、本屋巡りや食べ歩き等の買い物も楽しんでいます!

後輩にアピールしたい敬愛大学の魅力は?

建学の精神である「敬天愛人」の勉強ができたことが良かったです。歴代の理事長の先生方によるこの精神は多少考えに違いはあれど、どれも素晴らしい思想ばかりでした。また、学校生活の面では、先生方が皆親切であり、分からないことは何でも教えて頂けるので、素晴らしいと思いました。

大学で学んだことで、一番役に立っている(これから役に立つ)と思うのは何ですか?

_15A0046

経済の科目を多く学んだことで、新聞を読んだとき日本及び世界経済の変化を理解することができるようになってきました。経済状況は毎日変化しているので、日々新聞やニュースで見ておくことが大事だとわかりました。

就職についてや将来の夢など、どんな未来の自分になりたいですか?

市役所等で地域のために働く行政職系の公務員になりたいです。公務員試験は志願者が多く難関ですので、今のうちから真面目に試験勉強をして準備しておきたいです。

_15A1537

一番興味をもっている、高校生にお勧めしたい授業や先生を教えてください。

1年生の時の授業で一番印象に残ったのは、小山先生の授業でした。私は主に、日本経済史を履修していましたが、小山先生の独特な面白い説明が含まれていて分かりやすかったです。また、楽しみながら文章を書く作業に慣れることができて、自分のためになりました。