国際学部 こども学科 4年(2016年度卒業) 根本 琴美
2016.12.16

茨城県小学校教員採用試験に合格するまでの体験談

国際学部 こども学科 4年(2016年度卒業) 根本 琴美さん

茨城県立江戸崎総合高等学校 出身

※2016年度にインタビューを行っています。

教員になりたいと思ったきっかけを教えて下さい。

IMG_0060

大きく分けて2つあります。
①小学校・中学校・高等学校での、恩師との出会いです。
教員を目指すきっかけになったのは、「この先生のような人になりたい!」という人に出会ったことが一番大きいと感じています。
②いろいろなことに興味・関心を持つ小学校の段階で、たくさんのことに挑戦する勇気と楽しさを教え、児童の未来につながる可能性を広げたいと思ったからです。

教員になるために頑張ったこと、敬愛大学で特に学んだことなどを聞かせてください。

①2年次から、授業研究サークル「HOPE」に所属し、先輩たちと授業計画を練ったり、模擬授業をしたりしました。
②1年次から、地域のボランティアや児童クラブでのアルバイトをし、子どもたちと関わる機会を積極的に持つようにしました。
③敬愛大学で実施している海外スクーリングでアメリカに行き、海外の教育事情や文化に触れることで、世界観が広がりました。
④小学校教員の免許だけでなく、中学校・高等学校の英語免許(国際学科の単位を履修)取得も目指しました。小学校での英語必須化に伴い、教員の英語力が必要になると思ったからです。
⑤フィリピンへ短期留学をしました。海外で生活をし、英語を話す楽しさ、多様な考え方があること、海外の習慣など様々に学び、知ることができました。
以上5つのことについては、教員採用試験での個別面接のときにも触れました。これらの経験は自分にとって大きな自信となったので、しっかりアピールすることができました!

どんな教員になりたいですか?

IMG_0051

私は、勉強が人よりできるわけでも、運動が得意なわけでもありません。
ですが、児童の笑顔が大好きです!
児童が毎日笑顔で学校生活を送れる、そんな学級を作っていける教員になります!

IMG_3394
IMG_0863

これから小学校教員を目指す方々にメッセージをお願いします。

私は、大学4年間で「体験から学ぶ」ということを大切にしてきました。ですので、様々なことに勇気を持って挑戦することができました。もちろん、勉強や知識は大切ですが、時間があるときにしかできないこともたくさんあります。
大学生のうちに、後悔しないよう、たくさんのことにチャレンジし、経験していくことが大事だと私は思っています。
悩んだり、逃げたくなったりすることもたくさんあると思いますが、きっと何とかなるはずです!
素敵な教員になれるよう、頑張ってください(^o^)