新サークル「放課後こども教室」活動紹介!
2018.10.29

新サークル「放課後こども教室」活動紹介!

特別企画「ハロウィン」こども教育学科 山口ゼミとの合同企画  こども教育学科 Kさんからの報告

新サークル「放課後こども教室」は毎週木曜日に近隣の小学校で活動をしています。10月18日(木)に特別企画「ハロウィン」を参加学生32人、保護者17人、参加児童数92人で実施しました。今回はサークルメンバーだけでなく、こども教育学科の2年山口ゼミも参加しました。

トリック オア トリート!

DSC_00971

今回の企画は、児童5~6人、保護者1名、学生1~2名で構成される班を14班作ります。千葉経済大学(2か所)、とどろき公園、愛隣幼稚園の計4つのポイントを、順番を決めて回りました。各ポイントでは学生スタッフがなぞなぞやクイズを出題し、正解した班にお菓子をプレゼントしました。
当日は、学生、児童共に様々な仮装をしていました。プリンセスやパンプキン、さらに宇宙飛行士の格好をしている児童もいました。その格好で、児童はお菓子を貰う際に「トリック・オア・トリート(お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ)」という姿は、とても愛らしく癒されました。
児童はポイントを回る順番、行く順路を決めて行動しました。各班のリーダーが中心となり児童だけで行動してもらうことで、自主性や協調性を育む活動でした。学生は、クイズなどで悩んでいるチームにヒントを与えるサポート役でしたが、コミュニケーションをとりチームに溶け込んでいる様子でした。

活動を振り返って

1540355652134

今回は学外での活動で、参加人数も132名という大人数でした。参加者からは「楽しかった」という声がたくさん聞けたので、全体としてよい活動が出来ました。場所を貸してくださった方々、参加していただいた保護者、山口ゼミの学生にはとても感謝しています。この活動を通して学んだことを通常活動や来年のハロウィンにも繋げていきたいと思います。