ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その8
2017.07.11

ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その8

6月企画「牛乳パックでオリジナルペンケースを作ろう!!」 こども教育学科Y.Nさんからの報告

教育ボランティアサークルIrisは、6月24日(土)に6月企画の「牛乳パックでオリジナルペンケースを作ろう!!」を参加スタッフ15名、参加児童16名で実施しました。
今回の活動の目的は「身近なものを工夫して遊びや生活に生かし、昔遊びに関心を持ち楽しく遊ぶ」としました。それを踏まえて以下のような内容を行いました。

「命令ゲーム」

1

最初に導入として命令ゲームをしました。企画の最後まで話を聞いていられるよう、子どもたちが集中して取り組めるゲームにしました。子どもたちは熊さんになりきり、スタッフの「熊さん、○○してください。」などの指示を受けて楽しそうに動きました。違う指示に引っかからないように注意して取り組み、最後まで話を聞くことができました。

「ペンケース作り」

2

次にペンケース作りをしました。牛乳パックをそれぞれ好きな長さに切り取り、紙粘土や貝殻、ビーズなどを付けて作成しました。海をイメージしたりビーズで顔を作ったりと、子どもたちは想像力をふくらませて楽しそうに作成していました。紙粘土を牛乳パックに貼り付ける作業には苦戦しましたが、スタッフに協力してもらい、子どもたちの個性が光るペンケースを完成させることができました。

「新聞けん玉作りとけん玉選手権」

3

最後に新聞けん玉作りとけん玉選手権を行いました。新聞を折ったりテープで止める際には、スタッフに声をかけてもらいながら一緒に作成していました。その後、完成させたけん玉でけん玉選手権を行いました。子どもたちは誰よりも早く、上手に玉を乗せようと必死に取り組んでいました。

今回の企画を通して感じたこと

今回の活動は身近な物を利用して製作する内容だったので、自宅に帰った後や学校の友達にも教えてあげられるような作品作りができたと感じました。また、ペンケースのデザインは、私たちの想像をはるかに上回り、オリジナリティー溢れる作品の数々となり、驚きました。
子どもたちからは「ペンケースと新聞けん玉作りが楽しかった。」という声が多数上がり「もう一度作りたい。」という感想もありました。また保護者の方から「こんなに楽しそうに活動しているのですね。」と声をかけていただきました。
課題は、作品制作に時間が取られすぎて後半の時間がタイトになってしまったことです。ある程度の時間を予測したり、切り上げたりできるタイムマネジメント力が求められると思いました。
今後も新メンバーの参加を増やし、子どもたちと楽しく活動のできる企画を目指して頑張っていきたいと思います。