ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その20
2018.07.17

ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その20

5月企画「現場に急行!悪者たちをやっつけろ!」 こども教育学科 Tさんからの報告

5月19日(土)に、5月企画「現場に急行!悪者たちをやっつけろ!」を参加スタッフ数26名、参加児童数27名で実施しました。今回の目標は「試行錯誤を繰り返しながら、創作する楽しさを学ぶ」でした。それらを踏まえて、以下の内容を行いました。
今回の企画では、導入から1つ目の企画まで、一貫したストーリーに沿って進行しました。それは、警察役の児童が作ったバズーカで悪者役のスタッフをやっつけるというものです。まず初めに導入として、スタッフが「警察とはどんなお仕事であるか」を児童に問い掛けました。小学校で最近触れた子も多い内容であったことから、児童は積極的に手を挙げていました。具体的に児童からは、「火事の野次馬を抑える!」や「泥棒を捕まえる」などの意見があり、特に男子児童が積極的に発言している姿が見られました。企画スタッフの「みんなは警察です。バズーカを使って悪者をやっつけよう!」という掛け声のもと、児童の集中を作業に向かうようにしました。

「バズーカ」を作ろう

IMG_6655
IMG_6656

1つ目の企画では「バズーカづくり」を行いました。制作したバズーカは、底の空いたペットボトルに風船を取り付け、直角にトイレットペーパーの芯を取り付け完成です。風船を引くと、空気砲のようにペットボトルの口から強い空気が出てくる仕組みになっています。風船を切る作業では、「1㎝」という企画スタッフの指示に忠実に答えようと、自分の荷物から線引きを取り出して風船を切る女の子が多く見られました。また、トイレットペーパーの強度を高めるための新聞紙を中に詰める工程では、「どうしたら、より強度が高まるか」を児童が1人ひとり考えていました。そして、悪者役のスタッフが部屋に入ると、児童は自分が作ったバズーカを使い、発砲していました。作ったバズーカをすぐに実用でき、児童たちはとても活き活きとした姿で活動していました。

「レーシングカー」を作ろう

IMG_6657

2つ目の企画では「レーシングカーづくり」を行いました。これは、車の形になるように牛乳パックに切り込みを入れ、竹串にペットボトルの蓋を付けたものをタイヤとして取り付けるものです。児童の創造に対するこだわりが顕著にみられたのは、レーシングカーを装飾している時でした。男の子は、自分の憧れの車に少しでも近づけるように形にこだわっていたのに対し、女の子は自分の好みの色にこだわっている姿が見られました。また、児童の「バズーカと組み合わせるとかっこいいのではないか」という発案から、組み合わせている子も多くいました。

5月企画を終えて

IMG_6658

今回の2つの企画は、「児童のつくりたいもの」を尊重出来るものであったことから、「試行錯誤を繰り返しながら、創作する楽しさを学ぶ」という目標を達成できたと思います。児童からは、「2つの作品を組み合わせて、かっこよくなった」や「難しかったけど、楽しかった」等という感想が挙がりました。難しい作業や工夫が必要な作業も、スタッフがサポートに回り、児童の創造力に任せることができたのも、今回の企画で見られた良かった点だと思います。しかし、企画後にスタッフの出し合った反省では、「1つ目の企画について悪者役を人で立てると、児童同士での打ち合いが始まってしまうのではないか」という反省が出ました。企画を盛り上げることと併せながら、児童がスタッフの発言や指示でどんなことを思うのか、ということを慎重に考える必要があると改めて感じました。私たちIrisは、これからもこの企画の場が、児童にとって経験を積める場になり、それが成長につながるよう、活動していきたいと思います。