ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その19
2018.07.11

ボランティアサークル「Irisアイリス」活動中!その19

4月企画「春だ!GoGo虫取り大作戦」 こども教育学科 Kさんからの報告

4月21日(土)に、4月企画「春だ!GoGo虫取り大作戦」を参加スタッフ数15名、参加児童数30名で実施しました。今回の目標は、「身近な要らなくなったものを使って児童それぞれの想像力を高め、積極的に自分を表現する場にする」でした。それらを踏まえて、以下の活動を行いました。まず初めに、児童が季節の春について興味を向けるための活動をしました。「季節が春になると、どのような変化がみられるか」という問いかけから始まり、「桜が咲く」や「虫が出てくる」と回答する児童の反応を汲み取りながら、知識を広げて話をしました。次に、虫についての問題を三択で児童に出題しました。どちらの活動も積極的に参加している児童の様子が見られました。特に、虫についての問題では、児童の興味に合わせた問題がたくさんあり、手を挙げて楽しそうに参加していました。

「毛糸もじゃもじゃ虫」と「My双眼鏡」を作ろう

★IMG_6653

1つ目の企画では、「毛糸もじゃもじゃ虫」と「My双眼鏡」を作りました。初めの「毛糸もじゃもじゃ虫」では、蝶とミノムシに見立てたものを作りました。1つ目の蝶は、小さめの厚紙に毛糸をたくさん巻き付けて、それを厚紙から外して真ん中を結ぶと完成です。2つ目のミノムシは、うちわ型の厚紙を用意し、細い部分に毛糸を巻き付け、残った丸いところに顔を書いたら完成です。次に「My双眼鏡」を作りました。これは、トイレットペーパーの芯を2つ用意し、その中にミラーシールの貼ってある黒い台紙を三角の形にして入れます。トイレットペーパーの芯の周りを装飾し、芯を2つくっつけて首から下げる紐をつけて完成です。上手く出来ない児童もスタッフのサポートを受けながら、完成させている様子を見ることが出来ました。又、My双眼鏡の制作後に児童は、覗くとミラーのおかげで不思議に見えることに興味を持ち、さまざまなところを観察していました。

「ロケット」を作ろう

★IMG_6650

そして、2つ目の企画として「ロケット作り」をしました。まず、新聞紙を細く丸めて棒状にし、ビニールテープで両端と真ん中をとめます。2つの輪ゴムを1つに結び、片方を新聞紙の端にとめ、もう片方にはカットしてある割り箸をつけます。それに、トイレットペーパーの芯を入れて離すと、芯がロケットのように飛んでいきます。企画では、そのロケットを使って的を当てる活動もしました。新聞紙を丸める作業が難しく、芯に通らないくらい太くなってしまうので、誰が一番細くできるか挑戦してみようとスタッフが声掛けをし、作業しました。また、的を倒すためにどうしたら上手く飛ばせるのかと考えている児童の姿が見られました。

4月企画を終えて

IMG_6651

どちらの企画も、児童たちが自ら発想し、良いものを作れるようにと作業していました。児童たちからは、「要らないものを使えて凄いと思った」、「楽しかった」、「また来たい」等の感想を聞くことができました。新学期になり、児童の人数も今までで一番多かったですが、楽しく活動することができたので、とても良かったと感じています。しかし、今回人数の多さに対応が行き届かず、児童に伝わらなかった部分があったという反省がありました。これからも参加児童数は増えていくことが予想されるので、それに対応ができる対策をしっかり練っていきたいと思います。この企画の場がこれからも児童が自分を表現できる楽しさを感じられる場になるよう、考えていきたいと思います。