キラリ☆こども教育学科ゼミvol.2-3
2017.06.16

キラリ☆こども教育学科ゼミvol.2-3

国際学部 こども教育学科 3年山口ゼミ(山口政之教授)

1.ゼミの研究テーマは何ですか?

170612_2

3年山口ゼミは国語科指導法を学ぶゼミです。今年度は全体研究のテーマを「読書指導」として、広く読み聞かせの実践を学んでいます。5月25日(木)に、朗読検定協会の森田清香先生と絵本専門士の志摩秀子先生を招いて、読み聞かせの考え方と基礎的な技法について学びました。
第3回目のレポートとして、ご紹介いたします。

2.参加した在学生に聞いてみました!

Cさんの研修レポートから、プロミネンスに関する部分を紹介します。

170612_3

……(今回学んだことは)基本技術の一つであるプロミネンスです。これは、文中の文節や言葉を強調し、大切なところを聞き手にわかりやすくするものです。また、強調したい言葉の前後に間を取り、ゆっくり丁寧に読むことが求められます。
このプロミネンスについて、自分でやってみて気づいたことですが、瞬時に大切な部分を見分けて読まなければなりません。これは、練習をしていなければ想像以上に難しいことです。ですから、事前に練習を重ね、どの部分が最も大切なことなのかを理解しておくことが重要だと学びました。……

3.山口教授より

私が附属小学校の教員だった頃、私の学級に配属になった学生がこんなことを話していました。「先生は授業中に様々なことについて配慮しています。そういうことを当たり前に、ごく自然に行っている姿がかっこいい。自分もそういう教員になりたい。」絵本専門士の志摩先生の実演を見て、そんな言葉を思い出しました。
また、6月には朗読検定に向けて森田先生からレッスンを受けます。ゼミ生の努力と成長が楽しみです。