キラリ☆こども教育学科ゼミvol.2-2
2017.06.08

キラリ☆こども教育学科ゼミvol.2-2

国際学部 こども教育学科 3年山口ゼミ(山口政之教授)

1.ゼミの研究テーマは何ですか?

敬愛人 山口2

3年山口ゼミは国語科指導法を学ぶゼミです。今年度は全体研究のテーマを「読書指導」として、広く読み聞かせの実践を学んでいます。
5月20日(土)には、千葉市中央図書館で行われた「読み聞かせの会」に参加し、図書館員による読み聞かせの実践から学びました。この日は2時半からの会が幼児対象、3時からの会が低学年児童対象でした。それぞれ約30分間に2冊の読み聞かせと、1つの素語りが行われました。
※詳しくはキラリ☆こども教育学科ゼミvol.2をご参照ください。
読み聞かせ会の終了後、職員の方から読み聞かせの様々な技法や留意点などのお話を伺い、多くのことを学んできました。

2.参加した在学生に聞いてみました!

Bさんの研修レポートから ~選書に関する部分を紹介~

……絵本は、創作・日本昔話・科学・地域・世界昔話などたくさんのジャンルがあるためジャンルが重ならないようにすることや、読み聞かせをする時期や天候に合った本を取り入れること、出版から25年以上経っているもの、図書館などに3冊以上あるもの、絵の線や色がはっきりしているものなどを選ぶのが最初の段階では良いということを知ることができました。……

3.山口教授より

しっとりとした読み聞かせの空間と、子供達が絵本の世界に浸る様子はライブでないと学べません。また、Bさんが述べているように、良書と子供を意図的に出合わせるためにはそれなりに勉強も必要です。会場となった一室は普段は入れない、読み聞かせ専用の部屋です。その中は小さな劇場のようで照明や防音、空気の流れなど、細かな点まで配慮されていました。さすがに中央図書館です。この空間を教室で再現することはできませんが、いくつかの要素は取り入れることができそうでした。