キャンパスリポート25号
2018.07.30

キャンパスリポート25号

教員を目指すための「介護等体験」

┏〓〓┓ ┏〓〓┓ ┏〓〓┓ ┏〓〓┓┏〓〓┓
┃☆K ┃ ┃☆E ┃ ┃☆I ┃ ┃☆A ┃┃☆I ┃
┗〓〓┛ ┗〓〓┛ ┗〓〓┛ ┗〓〓┛┗〓〓┛

(人・ω・)ようこそキャンパスリポートへ!
(・_ゝ・)o*――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――*o(・c_,・)
こんにちは。毎日暑い日が続き、本格的な夏が始まりましたね! 今のうちに夏休み中のレジャーや勉強の計画を立てたいですね。今回ご紹介する内容は介護等体験についてです。
では、どうぞ。
(*・∀・)_________☆start★_________(・∀・*)
+*゜。*。゜*+―+*゜。*+―+*゜*゜*+―+*゜。*―+*゜。*。゜*+

敬愛大学では、小学校や中学校、高等学校の教員を目指す人は2年次に1週間ほど介護施設や特別支援学校へ介護等体験に行きます。
介護等体験では、施設の利用者の方との会話・食事の配膳の手伝い・レクリエーション・体操・簡単な介護の補助などを行いました。会話の内容としては、昨日のことや今日なにするのか、などが多いです。食事は利用者の方の体調やアレルギーなどを考えて作られており、食後も完食はしているか・なにか残していないか、などをチェックして、次回からの食事提供に反映しています(これは利用者の方に食べ残しへの罪悪感を抱かせないためです)。レクリエーションや体操などは、体を動かすというところに重点をおいて実施しています。簡単な介護の補助は、利用者の方が席から立つときや歩いて移動するときに行います。
今回の介護等体験を通じて学んだことは、高齢者の方への適切な対応の仕方や声のかけ方です。介護施設を利用される方の中には目や耳が不自由な方や、上手くコミュニケーションが取れない方がいるので、初めは知らずに声をかけてしまい、驚いた方が多かったのですが、翌日からは一人一人に合った声のかけ方をしました。耳が不自由な方やコミュニケーションが上手く取ることができない方には口を大きく開けてゆっくり話すように気をつけました。うなずく動作も加えることで話をしっかり聞いているということもアピールしながら会話をしました。また、多くの利用者の方から「学生は頑張れよ、期待しているぞ」と言われ、少し学校では気が抜けていたこともあったので、応援の一言で今後の大学生生活を見直すきっかけにもなりました。
[ろばーら]

+*゜。*。゜*+―+*゜。*+―+*゜*゜*+―+*゜。*―+*゜。*。゜*+

(*・∀・)_________☆end★_________(・∀・*)
いかがでしたか? ここで、オープンキャンパスのお知らせです。8/5・8/19・8/26にオープンキャンパスが開催されます。敬愛大学に興味をお持ちの方は、ぜひ足を運んでみてください。詳しくはこちらのURLをご参照ください。

次回は宮城ボランティアの予告をお届けします。お楽しみに!