COURSE
学科紹介

アナタの力を確実に伸ばす
総合的な学習環境

KEIAI

STANDARD

KEIAIスタンダード KEIAIスタンダード

敬愛大学では大学生として必要な知識やスキルを4年間の各段階に応じて習得できる最適な学習環境を“KEIAIスタンダード”として確立しました。すべての学生が就職・社会に向けた力を確実に伸ばすことができます。

「KEIAI Standard」とは?

「初年次教育」「学部教育」「社会人基礎教育」「キャリア教育」の4つの教育からなる敬愛大学独自のカリキュラムです。

KEIAIスタンダードの概念図

KEIAIスタンダードの概念図

安心して大学生活を送るための

初年次教育

大学と高校は、科目の多様さや講義、ゼミなどの授業形態、レポート課題、プレゼンテーションなどの学習方法などさまざまな違いがあります。 異なる環境におかれた新入生が、安心して大学生活を送れるようサポートしていくのが大学教育の入り口にあたる敬愛大学の「初年次教育」です。

授業中風景写真
授業中風景 授業中風景

大学生活のスキル

「新入生ガイダンス」や「基礎演習」を通して、大学の授業を受けるうえで必要な知識やルールを覚えます。大学生活の中で具体的な目標を見つけ、それに向けて行動できるようになることを目標に、クラスの仲間と協力しながら学習を進めていきます。

授業中風景 授業中風景

大学生として学ぶ力

「文章表現」「口頭表現」の授業で、日本語を適切に使いこなす方法やレポートの書き方、プレゼンテーションのノウハウを身につけます。また、「基礎数学」では基本的な計算の復習から数学パズルの演習などを通じて、数学的感覚を磨きます。

授業中風景 授業中風景

専門科目の基礎知識

経済学科・経営学科・国際学科・こども教育学科の2学部4学科で行う「専門教育」。2年次から4年次にかけて、「専門ゼミ」や「研修・インターンシップ」などを通して、思考力・判断力・表現力を養います。自分自身の適性を見極めながら、目標とする企業等への就職を実現します。

就職に必要な力を身につける

「キャリア教育」

敬愛大学では、1年次から履修できる正課科目のなかに「キャリア関連科目」を設けています。4年間を通して、仕事に対する意識や業種に関する知識を高めるとともに、就職に必要な力を段階的に身につけていきます。

1年次〜2年次は「キャリア教育プログラム」自分を知る、社会を知る

キャリア基礎ゼミで“自分を知る”
授業中風景写真

キャリアプランニング

全学生対象の少人数グループで、社会構造を理解した上で、就職したい業種ではどんな力が必要か、自分には何が足りないかを自己評価し、社会人として必要な主体的に考える力を養い、将来の目標を設定します。

  • 主体性を磨く
  • 環境を知る
授業中風景写真

キャリアディベロップメント

企業で働く卒業生との交流や社会人への取材を通じて、社会の仕組みや働くには何が必要かを理解します。社会人としてのマナー、言葉づかい、文章表現などについて学べる「キャリア基礎開発」などの授業も選択できます。

3年次〜4年次は「就職活動サポートプログラム」企業を知る、内定をゲットする

  • 企業を知る
  • 手順を知る
授業中風景写真

インターンシップ

職業観・仕事観を企業の実務を経験しながら習得します。インターンシップで学んだことを学生や教員、企業担当者の前で発表する報告会も実施します。

  • 行動する
  • 内定をゲットする
授業中風景写真

敬愛大学就職フェア

就職活動スタート時に開催する、本学の学生向け企業説明会「敬愛大学就職フェア」には約60の企業が参加します。企業の約7割は本学からの採用実績があり、成田国際空港関連企業も参加。企業の活動内容や採用試験の説明を受け、選考に進みます。

敬愛大学では「チバイチバン」プロジェクト 確実に就職できる力を身につけることができる!

「チバイチバン」プロジェクトについてはコチラ!

社会に出た後も活躍できる力を身につける

「社会人基礎教育」

これからの社会人には、パソコンやビジネスソフトの操作、インターネットの利用を中心とした情報活用のスキルが必要とされています。またマニュアルどおりにはいかない問題を解決するための思考力や判断力が求められます。このような力を養うために、「ICT教育」と「実践教育」に力を入れています。

授業中風景写真

「ICT教育」

ICT機器や情報を活用するスキルを身につける

パソコンやビジネスソフトの操作方法はもちろん、インターネットの便利さとリスクについても学びます。各種IT・ビジネス系資格の対策授業も多数開講しているので、就職対策として授業を活用することもできます。

「実践教育」

問題を解決する知恵を経験から学ぶ

知識を自分のものにするためには、学内外の様々な人たちとの交流や共同作業の経験を積み、試行錯誤を重ねていくことが大切です。フィールドワークやボランティア活動などに参加 することで、知識を「知恵」に変える経験を得ることができます。

学科紹介カテゴリ一覧